概念としての神・質感としての神

  • 投稿日:
  • by

神はいるかどうか。有史以来人類が求めてやまない真実の一つで、もうどのような人でも一度は考えたことがあるのではないかと言う面白い質問だと思います。
哲学、宗教。そして科学。例えば、キリストの御身や仏陀の後光を見るように、70年代の日本ではUFOの目撃談がとても増えました。信じる者は救われるという宗教の常套句と同じように、科学を万能と信じる機運の高まった時代には、UFOを神として見たのだと思います。
話を戻しましょう。神は存在するのかどうか?わたしは、いるとかいないとかそういう話ではないのではないかと思います。個々の心の中に神はいる...というどこかで聞いたような話ではないですが、それもひとつの真実として、いると思った人にいるし、いないと思った人にはいない。「いると思った人にはいる」は当たり前の話なのですが、いないと思った人には、いないという神がいるのだと思います。つまりは「神がいない」と言うことを信じていることにより科学的であったり数字で表されたり、現実、そう言う人たちのよく言う「現実的な」という神をいるとしてしまっているわけです。
数字のゼロはとても神に似ているように思います。「数がないことを表す数字」矛盾です。数字は数があることを表すもので、それがないことを表すゼロは、概念として神様ととても似ているのではないかと思います。人類誕生から戦争も貧困も理不尽も残念ながら一切止んでいないのに、人々は神に祈ってしまうように。
わたし自身の体験談をひとつ。何かの宗教に入信しているわけでもなく、かつ家に神棚はあり、毎年家族と初詣に神社に行く。クリスマスにはどこか何かを祝いたくなる。そういう一般的な宗教観の日本人の一人だと思うのですが...(決してスピリチュアルな占い的なものや、幽霊を見ることができる的な能力があるわけではありません)
厄年を迎えて、神社に厄払いに伺った時に(信じているわけでも信じていないわけでもないので、厄払いのお布施割とかかるなあと思った覚えがあります)
神主さんの厄払いでの所作は、神様が実際に通ってくることを見せるように、空間をつかって所作をなさるのですが、その儀礼の最後に、神社の奥に見える本殿のところが、実際に質量をもっているように感じたのです。砕いて言えば、人影のような輪郭(ともいえないくらいぼんやりとしていました)が見えたというか感じたというか。道で後ろから来る車を避けるのに、視覚以外を使うように、見えていないのだけれどなにかいるような感じがする、といったぼんやりとした質感。そして、意外とその影はガタイの良い印象を持ったことを覚えています。
ある翻訳家がある本を訳そうとしばらく取り掛かっていたそうですが、ある時期に突然怖くなって、その本を視界に入れることすらできなくなった時期がある、と言う話をどこかで読んだことがあります。同じように、良く出来た音楽、真に迫った演奏を実際に見ることで、元気になること、昔からある日本の力強いお祭り。それらすべてに神が関係しているように思われます。そして神と言う概念や言葉が嫌なのであれば、エネルギーと呼べばよいのではないかと思います。
わたしが見た神社のそのエネルギーと、翻訳家のただの紙の束に抱いた畏怖と、たくさんの人が集まって熱狂している場所と、すべて一つの線でつながると思います。
結論として、様々な手垢のついた「神」という記号が、実際に存在するかしないかはどうとでもいえると思います。しかし、神と見立ててしまうような、なにかそのような力は、確実に存在しているように思います。そして、それは外の話だけではないと思います。マネキンを片足で立たせることはとても難しいですが、わたしたちには10秒そこらは簡単です。

神待ち掲示板で神様と持ち上げられて

  • 投稿日:
  • by

家出少女を泊めてくれる人を神と言いますが、持ち上げてるだけではと言います。神待ちサイトとかもあるみたいですね。
私も年齢的には若者のうちに入りますが、といっても昨今のギャルと取り上げられている女性のように、美しい女性ではありませんが、
同年代の私からみて、確かにイケテルギャル。でもやはり大人の綺麗な女性のには勝てないような気がします。
でも、やっぱり若さっていいなと思います。肌のはり、つや、キメなどはどう手入れしてがんばってもかないません。
ではどこが若い女性と違うかとというと人生経験からくる、落ち着きと包容力でしょうか。外見だけでなく
そういったものを求める男性もまれにいるのではないでしょうか。男性は誰しもマザコン的なところを持ち合わせていると聞いたことがあります。そういった部分が強い男性が、家出女性を好きなのかもしれません。
しかし昨今の家出神待ちブームはなんだか、話題作りのような気がしてなりません。それでおだてられている家出娘を見るとなんとなく痛々しさも感じます。若さは長く保つことはできませんが、見た目の美しさだけでなく、その年代その年代で生き生きと生きている女性は素敵だなと感じます。私も痛々しい女子大生でなく、だれかれもかっこいいギャルと言われるような、生き生きとした人生を送れるように頑張ります。でも、人生長いので親との関係もゆっくりと考えます。大人気神待ちBBS

遊んでました

  • 投稿日:
  • by

私が初めてエッチをしたのは女子高生の時です。
相手は近所に住んでいる大学生のお兄ちゃん。そのとき私はもうエッチの意味を知っていたから、お兄ちゃんが私にムラムラしているのはわかっていました。今から思えば、ロリコンだったのかもしれません。遊びにこないかと誘われたお兄ちゃんの家でむりやり押し倒された、女子高生時代の初体験でした。
短大へ入学したころには、夜遊びをしたり学校をサボッてクラブに通いつめたり、家出して神待ちしたりと悪い事ばかりするようになっていました。親が学校に呼び出されて、きつく注意をされたことも何度かあります。だけどいくら学校や両親から怒られても、すっかり悪い遊びにハマッていた私はやめられませんでした。毎日のように家出サイトで男を探していました。
援助交際をはじめたのも、遊ぶお金が欲しかったからです。私と同じように遊んでばかりいる親友が、面白い催しがあるからこないかと誘ってきたんです。
マンションの部屋を借りきって男の子がいっぱいくる合コンみたいなものらしい。
マンションで開かれているそういう集まりの話は私も知っています。でも合コンみたいな感じじゃなくて、やばい事とかもやってるっていう噂です。私がよく家出した時に行くクラブでも、近づかないほうがいいって話をよく聞きました。
でも、怖いもの見たさと無知で、私はそこに参加しました。家出サイトで結構いろんな目に合ってるし大丈夫かなって思ったんです。

初エッチ

  • 投稿日:
  • by

家出した私は、とても忙しい毎日を送っていました。
僕はなんとか家出少女の負担を少しでも軽減させてやりたいと、金銭面のほうはもちろん、家事も積極的にこなし、車での病院への送り迎えもすすんで申し出ました。車内に乗り込んできたときなどは、香水の匂いが微かに漂ってきて、それだけで幸せな気分になれるのですが、ある日彼女を女性として強烈に意識する事件が起きてしまったんです。エッチがしたくてたまらなくなったんです。
僕は夏風邪を引いてしまい、仕事を休んで、朝からずっと寝込んでいました。昼過ぎまで寝たおかげで、体力はかなり回復したのですが、お腹が減って台所へ向かうと、部屋から物音がするんです。
僕は放心状態のまま裸を見つめていました。
慌てて交差した腕で胸元を隠したのですが、今にもこぼれ落ちてきそうな乳房の谷間がくっきりと現れ、白い肌が異様にまぶしかったです。
服の上からではわからなかったのですが、ウェストも思っていたより引き締まっており、そこから大きな力ーブを描くヒップの張りとムッチリした太股が、僕の瞳を射抜きました。
驚いたのは、そればかりではありません。家出サイトで知り合った家出娘はランジェリーを着用しており、ブラも黒い模様のとても際どいものを身に着けていました。家出してからの初めてのエッチです。

神待ちの理由

  • 投稿日:
  • by

私は、母をを、母親失格と思っています。それが神待ち家出の理由です。
そんなある週未、親が大学時代の友人と温泉旅行に出かけてしまい、一人きりでいるのが気まずかった私は、友人を誘って久しぶりに神待ち掲示板で男をあさりました。興奮して、帰り道の記憶が曖昧なほどに酔っぱらってしまいました。
私が玄関を開けると、1階の奥にある部屋から何やら人の声が聞こえました。
異様な雰囲気に私自身も呼吸が激しくなりながら、玄関から廊下を忍び足で歩き、扉の前に立って、覗きました。
神待ち掲示板で遊んでいる私を責めるというよりは、自分の魅力が足りないんだと反省したそうなのです。
もっとエッチ上手になって、掲示板の神様を満足させたいの。
こんなことになってびっくりしたけれど、立派な淫乱女になりました。
家出少女は、高校を中退しており、17歳という若さだったのですが、整った顔立ちの美人にもかかわらず、おとなしくて優しい性格に、僕は一目惚れして
しまったんです。ハーフのような感じです。
話しかけると、彼女は黒目がちの瞳で僕の顔を見つめてきました。切れ長の涼しげな目元、すっと通った鼻筋、かなりの美人である。サイトの女性の質はかなり高いです。

お泊り

  • 投稿日:
  • by

掲示板で知り合った男の家に泊まることになりました。もちろん恩返しのエッチも了解しました。
ホントにあたしとエッチできてうれしかったんだろうな。食事も豪華にごちそうしてくれて優しくしてくれました。
お礼に、おしゃれの事とか女の娘に気に入られるには、どうしたらいいかをいろいろ教えてあげました。
それで男も少しはほかの女の子に相手してもらえるようになったかもね。
家出娘に対しても最低限の清潔さはあったほうが、相手に喜ばれるんだよ。
たまには危ない目にあうこともあるけどさ、基本的にはいい人が多い。
あたしもエッチして気持ちいい、相手も気持ちいい、そんであたしはいろいろゲットできて大助かり。誰も困らないと思うんだけど、家出は、やめたほうがいいのかな。あたしは避妊さえちゃんとやってれば問題ないと思うよ。
別の日に友達と2人で家出しました。そして2人一緒にある男の家に泊まりました。
膣とおしりをキレイに洗い落とされた私たちは、並べられてエッチされました。
どれだけの数セックスをしたのかわかりません。
エッチが終わってやっとの思いで家に帰りついた私は、しばらく頭痛と下半身の痛みに悩まされました。
アソコとおしりの穴がズキズキして、トイレに行くたびに声を出しそうになるほどでした。念のために、親には生理痛がひどいからと嘘をついて病院でみてもらうと、おしりの穴に傷がついていると言われました。
何度もおしりの穴を犯されていれば、それも当然かもしれません。
それからしばらくして、私はまたその男の家に泊まりました。やっぱりアナルセックスは忘れられなくて、いまではすっかりアナルセックスも快感になりました。
でもハマりすぎは怖いから、もうやめようと思います。それで人生を終わらせちゃうのはもったいないからね。