神待ちの理由

  • 投稿日:
  • by

私は、母をを、母親失格と思っています。それが神待ち家出の理由です。
そんなある週未、親が大学時代の友人と温泉旅行に出かけてしまい、一人きりでいるのが気まずかった私は、友人を誘って久しぶりに神待ち掲示板で男をあさりました。興奮して、帰り道の記憶が曖昧なほどに酔っぱらってしまいました。
私が玄関を開けると、1階の奥にある部屋から何やら人の声が聞こえました。
異様な雰囲気に私自身も呼吸が激しくなりながら、玄関から廊下を忍び足で歩き、扉の前に立って、覗きました。
神待ち掲示板で遊んでいる私を責めるというよりは、自分の魅力が足りないんだと反省したそうなのです。
もっとエッチ上手になって、掲示板の神様を満足させたいの。
こんなことになってびっくりしたけれど、立派な淫乱女になりました。
家出少女は、高校を中退しており、17歳という若さだったのですが、整った顔立ちの美人にもかかわらず、おとなしくて優しい性格に、僕は一目惚れして
しまったんです。ハーフのような感じです。
話しかけると、彼女は黒目がちの瞳で僕の顔を見つめてきました。切れ長の涼しげな目元、すっと通った鼻筋、かなりの美人である。サイトの女性の質はかなり高いです。